1
歌とは、歴史とは・・・何ぞや
2
『万葉集』と日本人
3
直線の時代
4
『万葉集』の歴史的環境
5
ふたつの「故郷」を持つ古代都市生活者
6
二上山の月、万葉の風土
7
二上山の月
8
多武の山霧しげみかも
9
生駒山を越えていった人びと
10
秋、万葉びとの別れの季節
11
万葉びとの視覚と聴覚
12
猪と母親の監視
13
万葉貴族の農耕
14
故郷への旅
15
生活と表現
16
声の文化
17
異邦人の目に学ぶ
18
ふたつの未来観
19
万葉時代の住宅事情
20
「盆」=「死」を自覚する時間
21
こわーいお客さん
22
大学教授の通信簿
23
注釈ということ
24
タコ壺的学問形成
25
中日文化比較研究国際学術研討会に参加して
26
考古学・歴史学への羨望
27
母の俳句
28
祭りと相撲
29
青木周平著『古代文学の歌と説話』
30
一言主大神〜たった一言の願い〜
31
一言の大切さを知る〜言葉の重み〜
32
万葉集の始まりの歌は…〜若葉摘みの歌〜
33
フタガミヤマ〜お国自慢の物語〜
34
歩いて分かること〜香具山と藤原京〜
35
まぶしい時代に〜藤原京の時代〜
36
なぜ、柿本人麻呂は偉大なのか
〜やまとうたの伝統をつくった人〜
37
敗れたる者の声〜大津皇子の歌〜
38
ある愛のかたち〜大伴家持の恋歌〜
39
木簡とラブ・ロマンス
40
万葉びとの秋は…
〜季節感から生まれる叙情〜
41
気持ちを伝える…〜言葉、文字そして歌〜
42
感性を研く〜実感の科学のために〜
43
言葉、この歴史的なるもの
44
四十二歳の感傷旅行
45
710年ヘ、2010年ヘ、私モ
46
言葉は心を伝える道具
47
棚橋明夫『けったいな人びと』をよんで
48
一番歌の話
49
おんまは槍持ち
50
中臣清麻呂朝臣
51
室井東志生先生
52
興福寺と二人の采女
53
万葉びとの洗濯を考える
54
曝さず縫ひし我が下衣
55
祖を偲び、歴史に学ぶ「御国忌」
56
山のしずく
57
アナタの目を見たい…。
〜見ることと、話すこと…それは生きること〜
58
アナタの目を見たい…。
目離る
HOMEデジカメ日記エッセイランド来てください、聴いてください読んでくださいプロフィール奈良大学受講生のページ授業内容の公開
マンガ研究業績おたより過去の活動サイトマップリンク集
無断転載、引用を禁止します。(C)MAKOTO UENO OFFICE. www.manyou.jp produced by U's tec